吉田孝古麿合唱指揮活動60周年記念イベント「MARO60」 PartⅠ&PartⅡ に出演できて幸せでした♪ 

3月9日(日)  マロ先生の「作曲作品展」 

                  ~横浜市磯子区民センター《杉田劇場》

それは、マロ先生の80歳の誕生日の前日、さあ、MARO60の幕開けです! 「作曲作品展」のOpening『エンピツの先に』に始まるバラエティに富んだ浪漫性溢れる先生の作曲作品の数々を歌い、また“我路遊歩”のペンネームで作曲の新曲「明月谷戸の花たち」他の曲たちもたくさん聴くことができて、プラムにとっても記念すべき素晴らしい一日となりました。(この杉田劇場で、かの美空ひばりさんも初舞台を踏んだそうです。)このパートⅠでは紹介しきれない作品がまだまだあるそうなので、いつか全部聴いてみたいものですね。横浜混声合唱団さんとご一緒させていただき、混声合唱の醍醐味を味わわせていただきました。ありがとうざいました★

7月13日(日) マロ先生のアレンジばんざい!

                   ~横浜みなとみらいホール《大ホール》

待ちに待った、マロ・コンソート仲間たちと集える10年ぶりの大舞台。みなとみらいの大ホールに立てるなんて、茅ヶ崎の私たちにとっては滅多にないチャンス!初めてのメンバー、2度目のメンバーがいる中、かもめの彫刻が施されたパイプオルガンをバックにマロ先生の珠玉のアレンジ曲を歌い、他団演奏の数々のアレンジ曲にシビレました。

マロ先生を囲んでファミリーの暖かさが光る「マロ・コンソート」。この仲間たちといつまでも交流ができますように。