最新記事


第31回ヨコハマ・ワーグナー祭出演 2019.1.18(金)

演奏曲:合唱組曲『よこはま~人・街・未来』《女声版》




 開港まもない19世紀に横浜外国人居留地に住み、日本で最も早い時期に室内楽やオーケストラなど様々な音楽活動を行ったドイツ人音楽家のクリスチャン・ワーグナー氏の功績を讃えて開催されているのがワーグナー祭です。

~次代を担う音楽家たちに、横浜から世界へ音楽の発進を!~

 

 このようなプロのステージに恐れ多くもプラムはトップバッターとして出演させていただきました。横浜音楽文化協会会員のマロ先生のお力添えで貴重な体験をさせて頂いたことに感謝でいっぱいです。

 演奏曲:合唱組曲『よこはま~人・街・未来』は1994年・開港135年に市民公募による5編の「詩」で吉田孝古麿先生が現・横浜市芸術文化振興財団より委託され作曲した作品です。今年は開港160周年でありプラムの9.12《30周年記念コンサート》でも演奏するこの作品はタイミングもピッタリでした。私たちマロ・コンのお仲間であり大先輩の‟横浜混声合唱団”で歌われている『よこはま~人・街・未来』混声版に代わり、今回は<オリジナル版>である女声版で演奏するチャンスを頂きました。演奏後は客席でフルート、ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、ソプラノの演奏に酔いしれました。

 プラムはスカイブルーのジャケットのマロ先生、ブルーのアクセントネックレスのレイコ先生、そして団員はお馴染みのブルーオーガンジーのミモレスカート、ブルーで揃えた衣装で颯爽と登場しました。見た目はばっちり!でしょうか~! 「さあ!~」と歌詞を歌い始めた瞬間、響き渡るみなとみらいのホールの音色に、気持ちよく笑顔で演奏することができました。さて、客席の皆さまにはどのように届きましたでしょ

うか~!

 素晴らしいマロ先生の作曲作品を気持ちよく歌わせて頂いたことは間違いありません。マロ先生の作曲意図を表現することができたでしょうか~?まだまだ研修して、9.12(木)《30周年記念コンサート》では全35曲を皆様に聴いていただきたいと思います。ご来場お待ちしております。


10月28日(日)茅ヶ崎市民文化祭「合唱のつどい」 ~茅ヶ崎市民文化会館大ホール

演奏曲:花の街/白鳥


 去年は改修工事のため出演を見送り、2年ぶりとなった合唱のつどい。リニューアルオープンしたばかりの文化会館は、明るく今風の内装でとてもきれいになっていましたが、所々に以前の名残も見えて、懐かしく安心感もありました。

 今回歌った『花の街』と『白鳥』はどちらも大変有名な曲ですが、吉田先生の編曲でオリジナリティーあふれる作品となっており、ピアノ連弾の伴奏も美しく華やかです。

 『花の街』は1番から3番まですべて転調し、それぞれ「朝・昼・夕暮れ」をイメージして編曲されており、私たちはその ‘彩(いろ)’ の違いを表現できるように練習してきました。『白鳥』は元々が器楽用に作曲されているので、歌いこなすのは大変なところもありますが、原曲のあまりにも美しいメロディーを壊さないように、吉田先生による素敵な詩を伝えられるように歌いたいと思います。

 練習の成果を、響きの良くなった大ホールに響き渡せることができたでしょうか……。できたことを切に願っています。

講師の先生からの講評


古橋 富士雄(ふるはし ふじお)先生

 

 素晴らしい!

 ○編曲が素晴らしい!

 ○コーラスが力まず、一音符ずつ大切に演奏している。

 ○一人一人が美しい声と音楽を持っている。

 もっと聴いていたい感じでした。また聴かせてください!


10月2日(火)音楽堂・おかあさんコーラス ~神奈川県民ホール                          

演奏曲:「世界のクリスマス・キャロル」より

      ほら!なりわたる鐘のおと

    「吉田孝古麿 作曲作品アルバム」より

      星よ地球(ほし)よ《ピアノ連弾版》

              ~うたがあるから みんながいるから~


 朝からさわやかに晴れ渡った秋空の下、いつもより少し早起きをして横浜に向かいました。今年のおかあさんコーラスは、県立音楽堂が改修工事中のため、場所を神奈川県民ホールに移して行われました。

 県民ホール大ホールは2500人収容できて、3階席まであります。天井もとても高い!こんなに大きな立派なホールで歌うことなんて、きっと一生に一度のことでしょうね。赤いカーペットが印象的な広々としたロビーからは海沿いの山下公園通りのイチョウ並木が見えて、丘の上の県立音楽堂とはまた違う趣と美しさがありました。

 さて今回歌った曲は、1曲目がア・カペラのクリスマス・キャロル「ほら!なりわたる鐘のおと」です。昨年から断続的に練習してきた曲ですが、強弱の付け方が難しく、まだまだ上手くいかないところが多いのが悩みです。2曲目の「星よ地球(ほし)よ」は指導者吉田孝古麿先生の作曲作品で、壮大な宇宙の中に浮かぶ地球と、その上に生きる私たち・歌う仲間を歌ったとても素敵な曲です。連弾の伴奏がさらに大きなスケール感を演出しています。このスケール感が聴いている人たちに伝わっているといいなと願っています。

講師の先生方からの講評


阿部 純(あべ やすし)先生

 

宮先生の合唱団は立ち姿が、背筋が伸びていて、美しいです。

キャロルは神の降誕を待ち望む心からの喜びを、もっとはっきりと表現されると一層美しい演奏となると思われます。「全身での喜び」

「星よ地球よ」は得意のジャンルで安心して聞けました。very good.


松村 努(まつむら つとむ)先生

 

ステージの入り姿からして美しい!

いつものことながら一人一人が表現することへの明確な意志を持っていらっしゃるのを感じます。

この大ホールにしっかり通る美しい歌声が魅力的です。言葉も明確に伝わり、感動的なステージとなりました。

ありがとうございました。

桑原 妙子(くわはら たえこ)先生

 

歌う前から、きっと素敵、と大きい期待を持って拝聴しました。

歌があるから、皆がいるから というフレーズが特に素晴らしかったです。

次のフレーズからフォーメーションが変わるのかな?ああ、違うんだ。次かな?あれ?とうとう動かないの?はじめてのブッ立ち?

 




6月10日(日)第61回神奈川県合唱祭 ~相模女子大学グリーンホール        

演奏曲:女声合唱組曲「風に揺れる花(ピアノ連弾版)」~星野富弘詩画集『風の旅』より~から

     椿の花は(なしの花)

      神様が(なずな)


 1日目の夏を思わせる暑さから一転、合唱祭2日目は今にも雨が降り出しそうな空模様の中始まりました。

 今年は、例年行われている県立音楽堂が改修中で使えず、1日目と2日目は相模女子大学グリーンホールで開催されました。駅からのアクセスが良く、とてもきれいなホールでした。リハーサル室はとても広く、自分の声しか聞こえないような気がして戸惑うところもありましたが、本番のステージでは伸び伸びと気持ちよく歌うことができました。

 さて、今回この2曲を歌うにあたり、私たちが先生方の指導を受けて目指してきたのは、詩の‘心’と、‘内容’をしっかりと伝えることでした。そのために、星野富弘さんの著書を読んだり、生い立ちを調べたりして、どういう気持ちでこの詩が書かれたのかを想像して、その‘想い’を歌に込めました。また、発語にも気をつけ、歌詞がきちんと伝わるように、そして、声だけではなく表情によっても表現を変えることができるようにと、練習を重ねてきました。この点を講師の先生方に高く評価していただけたのは、本当にうれしく、目指しているものに近づきつつあるという自信になりました。

 来年のコンサートでは、指揮なしでこの合唱組曲「風に揺れる花」を歌うことに挑戦します。今後は詩の‘心’と歌詞を伝えることに加えて、歌い手とピアノが一つとなって心を合わせて表現できるように、研鑚を積んでいきたいと思います。(Y・K)

講師の先生方からの講評 (五十音順)


大熊 崇子(おおくま・たかこ)先生 〈作曲家〉

 ・椿の花は・・・美しいハーモニーですね。歌詞のニュアンスにふさわしい響き、すばらしかったです。

  短い曲ながらも表現力の幅の広さを感じる演奏でした。

 ・神様が・・・この曲においても日本語、とても自然に伝わってきました。表情もステキですね。

  微妙なフレーズの抑揚などもあり大変心地よい音楽を聴かせていただき、ありがとうございました。

 

金川 明裕(かながわ・あきひろ)先生 〈指揮者〉

 明確なアーティキュレーションの付け方が強い音楽性の源泉ですね。詩が説得力を持って迫ってきます。富弘さんの「なずな」新実さん以外の曲で聴くことはまれ(何人かの競作になっている)なのですが、とても興味深く思えたのは、みなさんの実力の程を示していますね。

 素敵なステージでした。

土屋 広次郎(つちや・こうじろう)先生 〈バリトン歌手・合唱指揮者〉

 柔かく響きの明るい美しいハーモニーで言葉を心込めて子音をとばしつつ個々がしっかりと歌っている姿は、詩人の内面がしっかり伝わってきました。泣けました。

 若々しい響きは日曜朝にピッタリでした!

 

わくメッセージ


コール・ムッテル さんより

 言葉を大切にされ美しい音楽でした。

 バランスの良いハーモニーでした。

 連弾のピアノ伴奏も素晴らしかったです。

神奈川県庁合唱団 さんより

 ポップなイメージから一転!びっくりしましたが、言葉が活き活きとしているところは流石だなぁと思いました。ユニゾンでもかけあいになっても音のツブツブがとても心地よかったです❣ 演奏があっというまに感じられて、もう少し聴いていたかったですが、次の機会をまたたのしみにしています😊

 


5月18日(金)第8回アンサンブル・トリオ・コンサート

 

    お客様はやはり神様でした!

 

  各パート一人ずつの3人で歌うトリオ。今回私たちは、ア・カペラ曲の「世界のクリスマス・キャロル」に挑戦した。

 まず始めの第一部がこのア・カペラのステージ。自分の出している音は合っているか、3人の音程やリズムがずれていないかと聴き合いながら、何度も3人で練習してきたが、やはり本番はこれまで以上に上がってしまうだろうな、と覚悟して歌い出した。ところが、あれ?もしかして緊張していない…?いやいや、足は震えているし、声だって息が浅くフレーズの終わりは消えてしまう。でも、嫌な緊張ではない。どちらかといえば心地よい。ゲネプロの方が遥かに緊張して、もっとずっと歌いづらかった。この違いをもたらしているのは、そう、会場のお客様の暖かさなのだ。まだまだつたない演奏で、しかも緊張の極みにいる私たちを、笑顔と拍手で応援してくださるお客様の優しさに、私は助けていただいたのだ。

 ア・カペラを歌い終わって休憩に入ると、団員は倉庫で衣装替えになる。時間が短い上に、倉庫内は狭く、文字通りのぎゅうぎゅう詰め。季節外れの暑さも加わって、汗だくになりながらみんなで助け合ってワイワイと着替えるのも、なんだか楽しい。ア・カペラから解放された安心感が喜びを倍増させたのは間違いない。

 二部は星野富弘さんの詩にメロディをつけた合唱組曲「風に揺れる花」。こちらも曲によってダブルトリオやトリプルクァルテットと少人数で歌うものであったが、ありがたーいピアノ伴奏付きだし、3人でのア・カペラを歌い終わった私たちにはもはや怖いものはなかった。各自が伸び伸びと感情豊かに歌い、歌うことを楽しみ、お客様に少しは感動を届けることができたのでは、と願っている。

 このように私たちが安心して気持ちよく歌えたのも、聴きに来てくださったお客様と、何より裏で支えてくださったスタッフの方々のお力添えがあればこそ。本当にありがとうございました。 (Y・K)                                                                  

 



~トリオ・コンサートを終えて~


「世界のクリスマス・キャロル」が収められた楽譜

東京音楽書院 1989年 出版

 

アンサンブル・プラムベリー~トリオ・コンサート〜に行ってきました

 

 湘南に早くも夏の気配が淡く流れる5/18(金)茅ヶ崎で活動している三姉妹(長女:マミーコール《以下マミー》、次女:クール・コメール《以下コメール》、三女:アンサンブル・プラムベリー《以下プラム》)の三女に当たるプラムさんが主催する〜トリオ・コンサート〜に行ってきました。

 

 会場は茅ヶ崎市勤労市民会館で、6FA研修室に特設ステージを組み、マロ・コンソート(マロ先生の指導団体8団体とその指導者10数名で構成)はじめ、プラムさんの友好団体から招待された30数名を観客に迎え催されました。プラムさんは来年30周年を迎えますが、設立時はソプラノ・メゾ・アルトの3名1組でなければ入団できない決まりであったとかないとか。このコンサートは今回で8回目ということですが、原点であるトリオで演奏するユニークなものです。言うなればプラム(梅)ベリー(実)すなわち梅の実を一つもいで「触り」(S)「見て」(M)「味わう」(A)ものではないだろうかと勝手に思い込んでる私です。

 

 アンサンブルの核とも言える最小の集合体(トリオ)で演奏することは聴いている私からすれば逆の立場でなくて良かったなぁ~と思ってしまいます。そう思って聴いてるいるためか知らぬ間に緊張している自分がいました。トリオはクジ引きで否応なく組まれたメンバーであり好き嫌いは言っていられない状況にあり、ますます大変だろうと思うのであります。しかし、表面的には緊張感はあるものの危惧したようなものは微塵も感じられなかった。トリオ名、トリオを表現する漢字一字(例:はる風、快)などのネーミングからもそれに取組むひたむきな姿勢が見て取れました。来年のコンサートのプログラムからふたつのステージを聴くことができました。最初のステージはフルコーラスによる「世界のクリスマス・キャロル」(構成・編曲・訳詞:吉田孝古麿)でした。全8曲のうち前半4曲、後半4曲の中間部分にトリオの課題曲が2曲ありどちらか1曲をまたまたくじ引き方式で決めるという徹底ぶり(または、意地の悪さ!)8組のトリオの演奏はそれぞれの持ち味が出ており、よかったと感じました。何よりも成し遂げたことに「千金の価値あり」なのです。

 

 次のステージは星野富弘の詩画集から作曲された女声合唱組曲「風に揺れる花」でした。

 詩画集は星野氏が中学教師で器械体操(部活)の指導中の怪我で首から下の自由を失い、筆を口にくわえ花々の絵を描きそれに詩を添えたものであり、絵も文字も驚くほど美しく、過酷な状況から、こんなにも心に響く詩が生まれるものだろうか、いやそんな環境下だからこそ気が付くこと、見えることがあるのだと胸に迫るものと目頭に熱さを感じつつ聴き入ってしまいました。

 

 全7曲のはじめと終わりはフルコーラスで歌い、中間の4曲をWトリオ、1曲をトリプルクアルテットで演奏しました。単独トリオ演奏からの解放はこんなにも表情を変えるものかと思いながら観ていました。やはり、マロ先生が常々口にしている「演奏者」は「演技者」でなくてはならぬ ——その通〜り——(実感)プラムさんはポップス専門店であり、顔の表情や動きには定評があるが、流石の言葉を贈りたい。

 

 トリオ・コンサートのプロデュースは宮先生が担ったそうで、トリオだけに「三位一体」に拘り①SMAのトリオスタイル ②指揮者・ピアニスト・歌い手のアンサンブル③演奏者・観客・スタッフでいいコンサートを創ろう・・・とのミッションは大成功でしたね。

 

ステージの下手、上手からの出入りはスムーズでよかった。開演・終演のチャイム係は今年入団の新人さんで顔見世にはうってつけでした。高根さんから引き継いだ新代表の久米田さんの司会も堂々としていました。

 

 また、「風に揺れる花」で朗読と指揮をこなしたマロ先生!めったに見られない貴重な場面に立ち会えたこともよかった。受付はコメールさん・ステージ周りはマミーさんが受け持っておりうまく流れていました。

 

 ヨココン関係の来場者、須江先生・岩谷先生・T齋藤・A芳川(ヴァンヴェール)B鈴木・沖浦(研修団員)当日舞台監督をしていました 団友会事務局金野(恵)・わたし。

 

終演後はおみやげ(手作りクッキー?)まで用意されており気遣い溢れるひと時を過ごすことができました。

 

来年の30周年記念コンサートは30年目の浮気と称し、クラシックへの2度目の挑戦となります。トリオ演奏とクラシックへの挑戦でさらにステップアップするであろうプラムに当分目を離すことができません。

 

2018年5月20日 

 

横浜混声合唱団

B 金野健一郎